お風呂のリフォーム方法【ユニットバス】

大きく分けて「ユニットバス」と「在来工法」という2つの方法に、お風呂のリフォーム方法は分けられます。
どちらの方法でリフォームをするも、メリット・デメリットは付いて生じる物と思い、どちらにしたらい良いか迷いますよね。
ここでは「ユニットバス」について挙げてみたいと思います。

「ユニットバス」は、お先に工場で作られた浴室を持ってきて組み立てて設置するという浴室になります。
ビジネスホテルやワンルームタイプのマンションで良く在る浴室と言うと通じるでしょうか。
イメージ的にはお風呂と洗面台とトイレが1つになっていると思われがちですが、飽くまで余所で作られたパーツを現場で組みたてるという物になりますので、浴槽だけの「アクセントユニットバス」、洗面台がプラスされた「2点ユニットバス」、トイレもどんどん追加された「3点ユニットバス」と、タイプは何だかんだ分かれます。

先ずは「メリット」について挙げてみたいと思います。

【期間が少ない】
他で作られたパーツを持ってきて現場で作るだけなので、案外工事期間が短くてすむ事が多いです。
その為、賃金を控える事ができ、結果的に安くリフォームが出来るというメリットが有ります。

【清潔を持ち易い】
ユニットバスは比較的カビが生えづらい素材によっていたり、掃除がし易い様なデザインとなっている為、清潔さを持ち易いという意メリットが有ります。

【断熱性が在る】
ユニットバスは家の内部に二度と部屋を仕掛ける様な構造になりますので、熱が逃げ辛く、断熱性を持ち易いというメリットが有ります。
ますます家の壁とユニットバスの隙間に断熱材を含める事も可場合も在る為、断熱性が見て取れるというメリットが有ります。

【その他】
身m図漏れがしにくい設計だったり、デザインが万人に使いやすい様になっていると言った様なメリットが挙げられます。

次に「デメリット」について挙げてみたいと思います。

【スペースが合わない】
ユニットバスは規格サイズが通常はある為、自宅の浴室スペースに合わない割合が在るというデメリットが有ります。

【工事後に設備が置き辛い】
ユニットバスは最初に全部組み立てて捨て置く為、何か設備を後付けしたいと思った場合、大掛かりな工事になる割合があるというデメリットが有ります。
最初に敢然とオプションを決めておく必要が在るというデメリットが発生します。

その他にもデザインが限られている等のデメリットが有ります。
こんなメリット・デメリットを一心に検討してリフォームを通していきましょう。参照サイト