カジノのマナー

カジノの遊び方は十人十色かもしれませんが、マナーは万国共通だ。
勿論、個別のカジノによって少しずつ違いはありますが、基本的な考え方はおんなじとしておけばいいでしょう。
つまり、マナーを守っていれば、スタッフも快く迎えてくれますし、周りのお客から白い目におけることもありません。
逆にマナーを守らない人は人としてのレベルが低いのだと思われていると考えなければなりません。
ただ、カジノでのマナーは日本人にとってなじみのある当たり前の習慣ではありませんから、事前の情報収集が不可欠です。
それではカジノでのマナーを紹介ください。
マナーを守って嬉しい遊び方の時間を過ごして下さい。
まずは、スタッフへのチップだ。
これはカジノとか、海外旅行のガイドなど各種ところに記載されています。
日本ではチップの習慣がないため、どのタイミングでいくらくらいを渡せばいいのか皆目見当がつかない人が多いでしょう。
カジノの紹介サイトを通しておきましょう。
それから、服装ですが、これは世界共通ではなく、それぞれのお国柄が反映されている。
予めカジノはヨーロッパから広まった社交場ですが、現代では大人のためのゲームセンターとして役割が強くなっている。
ヨーロッパではドレスコードと呼ばれるほど、服装に気をつけなければなりませんが、アメリカやマカオなどではTシャツも入場できるところが多くなりました。
ただ、普段着でカジノに行くと、日本のゲームセンターにおけるような雰囲気でなんとなく遊び方を間違えておる気がしてくる。
カジノの雰囲気を盛り上げるのもマナーの一つとしてみてはどうでしょうか。
それから、カジノは賭博場ですから、お金のやり取りが必須です。
現金ではなくチップによってやり取りをしますが、その色は金額を表しています。
ブルーチップで1ドル、レッドチップは5ドルなどと決められていますから、それを間違えないようにしましょう。
勿論、わからなければスタッフに聞けばいいだけですが、勘違いしていると大損してしまうケー。
最後にゲームのルールと流れを知っておくことです。
チップを掛けるタイミングがありますから、それを間違えると周りの人からにらまれる場合もあるでしょう。【大損注意】ストラッシュ天王寺の予約!脱毛の料金を最安にする方法!