セラミッククラウン治療のメリットとデメリット

セラミッククラウンの一番のメリットは、大きい審美性だ。
天然歯ものの、歯の先端の部分の透明感や、歯の根本から先にかけての綺麗なグラデーションを再現することができます。
もとの歯の状態にもよりますが、レベルの高い技工士が決めるセラミッククラウンは、天然歯とあまり見分けがつかない仕上がりだ。

また、2つ目のメリットは、保険で通じる前歯のかぶせ物は数年すると、だんだんと変色して、黄ばみを感じて生じることは多いのですが、セラミッククラウンは変色しませんので、何年たっても黄ばんで現れる心配がありませんし、表面はツルツルしているので、歯垢や歯石もつき難い素材だ。
ますます、3つ目のメリットはオールセラミックのクラウンは裏側や内面にも金属をまったく使用していません。
金属によるかぶせ物によく見られる歯茎の黒ずみの原因は金属成分の流出だ。
その原因となる金属を皆目使用しないので歯茎が黒ずんでしまう状態になることはありません。
金属を使わないは金属アレルギーの方にも適していらっしゃる。

セラミッククラウンの一番のデメリットは、金属のかぶせ物に比べると割れたりする可能性があるということです。

セラミックなので固く、たわみが無いので衝撃にしょうもないという点があります。
奥歯に厚みが十分でないセラミックが入っていたり、凄い衝撃が加わると、まれにセラミッククラウンがかけたり割れたりすることがあります。
凄まじく欠けてしまった場合、セラミッククラウンは修理することができないので、さらにやり直すことになります。
また、後者のデメリットとしては、他のクラウンに比べると歯を比べると歯を食い止める量が多いということです。
金属のクラウンは割り方小さく製作できるので、セラミッククラウンに比べると歯を控える量が少ないだ。
セラミッククラウンは、ある程度の厚みがないと十分な強度が得られないため、その分、多く歯をけずらなければなりません。

最後に、3つ目のデメリットは、費用の点でのデメリットもあります。
保険がきかない素材ですので、価格が高くなります。
相場としては、1本8万円〜15万円程度だ。

患者様にとってセラミッククラウンは、けっして安価な買い物ではありません。
メリットとデメリットをじっと把握しましょう。JOOMO(ジョーモ)の口コミはこちら