トマトによる、簡単冷製パスタ

暑い夏には白々しいものが恋しくなりますね。
そんな時は、冷製パスタを作ってみるのはいかがでしょうか。
冷製パスタといえば、定番はトマトと何かの組み合わせではないでしょうか。
さっぱりしていて、食も進みますね。
しかも、トマトは他に何かを加えても大体合いますよね。
ですので、バリエーション豊かなパスタが作れるわけです。

トマトときゅうりの冷製パスタ:材料:(単独分)スパゲッティ(細めのもの)100グラム、トマト(大きめのもの半分)、きゅうり半分、青じそ、バジルソース、塩。
作り方:スパゲッティはたっぷりのお湯で(スパゲッティ100グラムに対し1リットルの水の割合)で塩を加えてゆでます。
ゆで時間は普通の時間より1分から2分多めにゆでます。
これから冷ますので、ゆですぎるくらいで丁度いいのです。
ボールに湯むきしたトマトを食べやすいがたいに切ったものと、小口切りにしたキュウリ(出来ましたら小口切りにした後、塩でもんで絞ったもの)を入れて、バジルソース(市販の瓶入りのもの)、塩幾らかであえます。
茹で上がったスパゲッティは氷水で冷まし、ざるに上げます。
その後キッチンペーパーなどでとことん水気を取った後、そのスパゲッティをボールの中に付け加え、思い切り取り混ぜます。
お皿に盛り付けて、上に青じそを千切りにしたものをトッピングして、出来上がりだ。
さっぱりしていて、サラダもののパスタになります。
暑い日には、食べやすいパスタだ。

トマトとナスの冷製パスタ:材料:(単独分)スパゲッティ(100グラム)、トマト(半分)、ナス1本、オリーブオイル、ノンオイルの玉ねぎドレッシング。
作り方:スパゲッティはたっぷりのお湯に塩を加えたもので、普通より1分から2分くらい長めにゆでます。
ナスを1センチ厚み位に切って、水でさらした後、オリーブオイルで焼いておきます。
お醤油を回す感じに入れて味付け決める。
ボールに湯むきして、食べやすいがたいに切ったトマトと、焼いたナスを入れて、オリーブオイル少々、玉ねぎドレッシングを加えて思い切り合わせます。
茹で上がったスパゲッティは、氷水で素晴らしく冷やした後、キッチンペーパー等で思い切り水気を切ります。
水気はじっくり取っておいてくださいね。
それをお皿に盛りつけます。
その上から先ほどのトマトとナスをかけて、ください。
オリーブオイルで焼いたナスのこってり感と、トマトのすんなり感が合わさって、美味しいですよ。参照サイト