リノベーションについて

近年「リフォーム」「リノベーション」という言葉を耳にする機会が増えてきた様に思えます。
でもきちんとこういう2つの意味を理解している人は少ないのではないでしょうか。
そこでここでは「リノベーション」に焦点を当ててみたいと思います。
新築の状態か原状回復という意味合いで受け取るのが「リフォーム」ですが、「リノベーション」は新築の時以上の状態、つまり機能を向上させたり、使い勝手を新築の時以上にしたりするという意味合いとなっています。
例えば屋根を変えたり、壁を塗り替えたり、張り替えたり、床を入替たり、お風呂の浴槽を差し換えたり等、一部分の修繕を行う事を「リフォーム」。
間取りを変えたり、配管を通し付け足したりと、大規模に修繕を行う事を「リノベーション」と呼んでいます。
しかし今はその括りも曖昧になっている様でリノベーションなのにリフォームと言ったりやる業者も見て取れる様です。

多分リノベーションのメリットですが、「自由に間取りを決める事がやれる」が一番著しいメリットではないかと思います。
住宅購入時を比較して、何年も経過すると家の使い勝手が悪い所が見えてきたり、家族の成長によって活かし難い部分が出てきたりすると思います。
そんな時リノベーションであれば壁をぶち抜いて部屋を大きくしたり、お風呂の場所を変えてみたりと、今のくらしによっていく事が可能になるというのです。
次に中古物件を購入し、リノベーションをする事を前提として住宅購入を考えている場合、新築購入に対して2〜3割省エネが可能というメリットが出てきます。
こうする事で住宅購入に関する選択肢を大幅に広げる事が可能ではないでしょうか。

次にデメリットについてですが、先ずは「耐久性に不安」というデメリットが有ります。
築年数があまりにも古い物件を購入すると、耐震構造がされていない、老朽化が気になる等、不安が生じます。
再度こういう補強もしなくてはならない懸念が出て来る為、余計にコストが繋がる場合も有ります。
次に「完成まで時間がかかりやすい」という事です。
デザインにこだわってしまうと、打ち合わせで時間を要し、結果的に住むまでに時間がかかってしまったという事にも絡み易いだ。

この他にも通常の住宅ローンが使用出来ない等、リノベーションにはデメリット部分が在るという事も頭に入れておくと良いと思います。http://www.betahunter.nl/