妊娠中に気をつけたい食べ物

妊娠中は赤ちゃんへの健康も考えて、食べ物には注意しなければなりません。
今回は、妊娠中にNGな食べ物をご紹介します。
「チーズ」
妊娠中に知らず知らずのうちに食べてしまいそうな食品がチーズだ。チーズはたんぱく質がしっかり摂れ、いまどき流行りの発酵食品でもあります。しかし、厚生労働省の指導の中には、妊婦はナチュラルチーズは食べない方がいいとなっています。その原因として、リステリア菌があります。リステリア菌は河川や動物の腸管内に存在します。こういう菌に感染することにより、リステリア症につき、赤ちゃんも感染し流産や死産の原因となるケー。
「インスタント食品」
妊娠すると味覚がひっくり返り、とあるものだけを必ず食べたくなったりすることがあります。その一つの食品としてときどき耳にするのが、インスタントラーメンだ。食べてはいけないわけではありませんが、食べすぎには注意が必要です。その理由としては、インスタントラーメンに含まれる油や保存料が原因で、湿疹、下痢、嘔吐などを誘い出す可能性があるということです。また、インスタント食品は味付けがこく、多くの塩分があるため、食べ過ぎると、妊娠後期には妊娠高血圧症候群のリスクが高まります。
「香辛料の手強い食べ物」
カレーやキムチなどのピリッと香ばしい香辛料が聞いた食品はとても食欲をそそります。しかし、香辛料の手強いものは妊婦さんは要注意です。妊娠ときの注意事項として、つらいものを食べてはいけないと耳にしますが、これは、余程食べてはだめということではありません。でも。食べすぎには注意が必要です。どうして、注意が必要かということですが、スパイスやトウガラシなどの刺激物をたくさん食べすぎると、胆汁の分泌が活発化して黄異性膵炎を起こしたり、排便のときに刺激になって痔を悪化させたりということが考えられます。
「カフェイン」
コーヒーだけでなく、紅茶にも数多くあるカフェインは、体に良い面もありますが、妊婦さんやお腹の赤ちゃんにはよくない影響を及ぼします。カフェインは早産や流産、低体重、発達障害の発生が感じるについてもあります。コーヒーを控えるようにと言われたりしますが、コーヒー好きの人にはかなりのストレスになってしまいます。毎日の量を守ってストレスを少なくすることが大切です。
全てにおいて、ストレスをためないように、用量をセーブしましょうということです。神経質になりすぎないように気をつけましょう。www.zeilklipper-nooitgedacht.nl