妊娠中NGな食べ物

栄養は満点だけど、妊婦さんにとって要注意でNGな食べ物があります。
今回は、妊婦さんが気をつけた方が良いと言われている食材と、それを食べたときの影響をご紹介していきます。
「生レバー」
妊娠ちゅに生レバーを取るのはなんとなく待ってください!!栄養満点のレバーですが妊婦さんには要注意です。さらにレアステーキや生ハム、そして生レバーなどの生肉は、胎児に悔やんでも悔やみきれない大きな影響を与える可能性があるんです。それが、トキソプラズマだ。トキソプラズマは胎児の脳に異常が出る心配があります。また、レチノールだ。レチノールを過剰摂取すると、胎児に奇形や先天異常などの影響がでるケー。
「マグロや鮭などの大型魚」
日本人の大好きなマグロをはじめとする大きめな魚は、妊娠中、妊娠の可能性のある方は、実は我慢が必要なんです。2005年に厚生労働省が「妊婦は魚に注意」という話し掛けを行っています。それは魚に含まれるとある成分に理由があるのです。それが水銀だ。水銀が原因で、神経が侵されて、手足の感覚障害と運動失調、口、目、耳への障害が現れます。
「生卵」
卵と言えば、料理のしやすさ、手ごろさ、栄誉補給の観点からも満点の食材の代名詞だ。でも、妊婦にとっては食中毒、胎児にとってはアレルギーを起こすリスクのある食べ物だ。一番心掛けなければけないものの一つがサルモネラ菌だ。卵を長期保存や常温保存した場合に、こういうサルモネラ菌が増殖し、影響が発生します。
「ひじき」
鉄分、ミネラル、食物繊維を豊富に盛り込む健康食品に名を連ねるのがひじきだ。以前は、妊娠中に積極的に食べた方がいい食材だったのですが、実は今では、控えるべき食材となっています。遠退ける傾向になった原因としてひじきに含まれるヒ素があげられます。しかし、小鉢のひじきを週1~2回食するくらいは問題ありません。
「アルコール」
「妊娠したら、お医者様からお酒を控えるように言われた」っと…。お酒の好きな方は、残念かもしれませんが、おなかの赤ちゃんへの影響を考えたらりそんなに気にすることはありません。飲まないことが一番ですが、妊婦さんのリラックスやストレス解消の効果もあるので考えて呑みましょう。
このように注意すべき食べ物を知っておくといいですね。https://www.pineguesthouse.org.uk/