審美歯科は…

審美歯科という言葉を知っていますか?
審美歯科は、歯並びや歯の白い、健康的な口腔の美しさに焦点を当てた歯科治療のことです。
一般の保険治療は虫歯や歯周病などの機能回復を主な目的としているため、際立つ部分にもかかわらず金属を使用したり、変色しやすい素材を使うなど、保険の中での限られた治療しかできません。

しかし、歯には機能的な面だけではなく、美的な面も存在します。
「治療だけでなく、再び美しさを追求決める」というのが審美歯科の考えだ。

現在、歯の審美に関する治療のほとんどが保険の適用外だ。
元々保険診療は病気やケガを治すことを目的としてあり、美しさを奪い返すための治療は自由診療となっています。

日本では、保険適用内の治療ならば全国いつの病院で受けても治療費は同じです。
ただし、自由診療の場合には治療費は病院が独自に上げることが可能なため、おんなじ治療内容も病院によって価格はすごく異なります。
そのため、自由診療を受ける際には、価格の比較をすることも重要です。

また、一言で「審美歯科」といっても、さまざまなアプローチの見通しがあります。
ここからは歯の美観に関する代表的な3つの症状についてご紹介します。

美的に歯並びは大切なポイントで、重度の場合は顔にゆがみが生じることもあります。
一般的な歯列矯正での治療として次のような技法があげられます。

「ブランケットでの矯正治療」
歯に「ブランケット」という装置を取り付けて、そこにワイヤーを通すため歯並びを治して出向くという矯正方法をワイヤー矯正と呼ばれます。
費用は100万円程度で、こういうほかにも更に通院ごとに数千円の諸治療が訪れることもあります。
最近では、強化プラスチックなどの目立たない素材を使う「透明ブラケット」や、外から見えづらい歯の裏側にブラケットを装着する「舌側矯正」などが増えてきましたが、金属製のものと比べて、価格は少々高めですことと、治療期間が長く陥る場合があります。

「マウスピースでの矯正治療」
マウスピースを歯にはめるため歯並びをじりじり改善していくという方法だ。
広いものではなく、引き立ちがたい色や形をしているので、周りに気づかれずに矯正することが可能だ。
料金は約40~100万くらいかかります。

「セラミッククラウンでの治療」
歯を削り取り、必要な場合は土台を立てて、その上にセラミックで作った人工歯をかぶせます。
セラミックは自然の歯ときっと見分けがつきません。
費用は1本あたり10~20万円程度だ。

「ラミネートべニアでの治療」
歯の表面を低く削り取り、歯の色と同じセラミック製のシェルを貼る技法だ。
費用の目安は1本あたり10万円程度だ。http://www.botenverhuurinflevoland.nl/