手作りの暑中見舞い

梅雨時期に郵便局に行くと、暑中見舞いの葉書が販売されています。この時期は暑中見舞いを準備する時期だ。今年から新しい職場でがんばって仕事をしている新入社員のみなさん、暑中見舞いはご存知ですか?初々しい人達は暑中見舞いを知らないかもしれませんね。もらったことも送ったこともないという人が多いのかもしれません。現代は暑中見舞いを打ち出す人がつぎつぎ減ってきているようなので、知らない人がいてもおかしくないのかもしれませんね。私も昔は友人からもらったり自分が吐出したりしていましたが、二度と何年も出したりもらったりしたことはありません。

暑中見舞いは、梅雨明けの暑くつながる時期に、相手の健康を気遣って贈り物や葉書を贈ることです。立秋前までに生みだすようになっています。立秋は8月7日頃のことです。新入社員のみなさんには上司がいると思います。その上司に暑中見舞いを送ってみませんか?日頃の感謝をこめてどうにか出してください。初めて暑中見舞いを生みだすという人も、意外と苦しく考える必要はありません。上司の健康を気遣った文を添え、毎日の感謝の気持ちを文として書けばいいのです。

年賀状など、葉書はパソコンで取るのが当たり前な時代ではありますが、こうした時代だからこそわざと手作りの暑中見舞いを作成してみるのはいかがですか?色鉛筆や水彩絵の具などで絵を描いてみるのも素敵ですね。そういった作業は何年もしたことがないという人が大半だと思いますが、あまり新鮮でうれしいかもしれませんよ。和紙や折り紙などで、ちょっとした貼り絵を通じてみるのもいいかもしれません。夏の花をつくってみたり、いろいろ挑戦してください。こういった作業が至って好きで得意だという人は、切り絵を作成してみるのもいいかもしれません。切り絵は難しそうですが、やってみるとまず望めるものです。私もやったことがあります。色入りだったり白黒のみだったり各種切り絵をつくることができます。新人から手作りの暑中見舞いをもらったら、上司は一体全体うれしいと思います。その暑中見舞いを話題にする結果、話もはずむ気がします。少し時間はありますので是非手作りに挑戦してください。www.motokombinezy.cz