質問のコツ

LINEで女性の返事がのろい場合、やりとりができる貴重なチャンスを無駄にしてはいけません。
LINEで送信するメッセージの内容を一工夫ください。
質問形式で送るようにして相手が返事をしなければいけない状況を探るのです。
ただ、今日あった出来事や、感想、こちらの思いだけを述べるのではなく、質問するように一工夫して女性の返事を待ち受けましょう。
ただし質問をしすぎないように注意しましょう。
しつこい質問は嫌われます。
今後一切女性の返事が来なくなるかもしれません。
婚活中は、相手に聞きたいこともたくさんあるでしょう。
しかしそこは控えめに少しずつ聞きながら、ちゃんと聞きたいことは会って直接訊くようにするといいです。
その方が婚活を成功させることができます。
そのためまずは逢う約束を取りつけます。
返事ののろい女性の場合、1回の返信も無駄にしてはいけません。
連絡がとれたら、食事に誘ったり、ショッピングに誘ったりして会う約束を取り付けましょう。

こういうときもいくつか質問することになると思います。
例えば、いつ都合がいいのか、いつ巡り会えるのか、どこへ行きたいのか、何を食べたいのかなどだ。
しかし注意しなければいけないのは、ぼんやりとした質問をしないようにすることです。
質問のコツは、少々具体的に質問することです。

例えば、「今度いつ巡り会える?」とか「いつか暇なときいる?」という具合にぼんやりと質問してはいけません。
これでは「時間ができたらこちらから連絡します」とでも返信されて終わってしまう。
具体的に「今週末巡り会える?」とか「〇月〇日かその次の週空いてる?」という具合に、2、3の候補に絞って訊くようにするといいでしょう。
この方が女性は返事がしやすいですし、スルーされずに一概に返事がもらえると思います。

また「どこへ行きたい?」とか「何が食べたい?」と訊くのではなく、嫌いな食べ物を質問しておいて、あとはこちらでお店を探しておくねと言ってLINEのやりとりを終わらせておくと良いでしょう。
女性としては、嫌いなものを聞いてくれた時点で「気遣いのできる人」と思いますし、お店を探しておいていただけるという時点で「頼りになる」と好印象をもつからです。
このようにLINEのやりとりもこっちから常に主導権をもちまして導けば、多少LINEの返事が遅くても待てるようになると思います。こちら