糖尿病と飲酒の関係

現代において糖尿病は多くの人が繋がる病気となっていますが、それに対する適切な予防を心がけていらっしゃる人は少ないのが現実です。
その理由は何でしょうか。
誰でもおいしいものを満腹になるまで食べたいと考えるでしょう。
しかし、栄養を考えながら腹八分目で我慢しなければならないことが、理由と考えることもできます。
無論、病気であれば延々と我慢しなければならないことがあります。
糖尿病の傾向が出てきた人は血液検査の結果で判断されるだけで、自覚症状があるわけではありません。
そのため、医師の指示通りに我慢する生活を送ることができないのでしょう。
つまり、日頃から健康的な生活を送っておくことが重要なポイントになります。
糖尿病になってから、急に生活を取りかえるのは無理があるわけです。
さて、飲酒も同じ傾向にあります。
飲酒が夜の楽しみだと思っておる人は少なくありませんが、一定量で止めておくことが何やらできません。
ひとりでに、呑み過ぎて二日酔いになってしまうのです。
飲酒による糖尿病へ影響は無視できませんが、その影響よりも飲酒と共にバランスの悪い食事をたくさん食べ過ぎて仕舞うことでしょう。
酒を飲み込む時折、楽しくなっても呑み過ぎないようにしなければなりません。
飲み込む前に野菜を食べておくことや、二日酔い防止のドリンクなどはどうでしょうか。
全然力強いアルコールを呑むのではなく、食事の味をかみしめたり、会話を楽しんだりすることを心がけましょう。
アルコールの摂取によって血行が良くなりますから、血糖値は下がります。
そのことだけであれば糖尿病は嬉しい影響を与えます。
しかし、マイナス部分が無視できないために、飲酒が悪者として言われてしまう。
糖尿病にかかる前にこなせることはたくさんあります。
そのために情報を収集して下さい。
玉ねぎを食べて、運動をすれば、それだけでもかなりの効果が期待できます。
重要なことは予防の効果を決めるために、すばらしい生活を継続することです。
毎日、一定量の運動をするため血液の流れを促進して、血糖値を下げることができます。
バランスの良い食事を摂ることを毎日の日課にしなければなりません。
飲酒は適度として置き、週に2日程度の休肝日を始めることをおすすめします。http://www.iamacandokid.com

関西のアウトドア

夏はBBQ、花火大会、海水浴、フェス等、たくさんのイベントやデートスポットがたくさん有り、興味深いですよね。
あんな面白い夏がおわり、空気がひんやりしてきて秋を感じてくるとふと遊びたい気分もトーンダウンしてしまう様な。
とは言っても、秋は秋ならではの遊び方やデートスポットがたくさん有ります。
秋と言えば紅葉狩りも有りますが、紅葉狩りを楽しみながら望めるアウトドアもたくさん有ります。
ここではいかなるアウトドアが有るか、関西ではそのデートスポットはどんな所に有るのか挙げてみたいと思います。

【果物狩り】
目で紅葉を楽しむ紅葉狩りが有るなら、お腹で楽しむ「果物狩り」はいかがでしょうか。
秋は「食欲の秋」だ。
お店でおいしい物を食するのも良いのですが、何とか出かけ易い気候の秋なのですから、わたしで果物をとりをめぐって楽しむと言うのはいかがでしょうか。
関西でオススメの果物狩りが出来る場所と言えば神戸における「フルーツフラワーパーク」だ。
ここではブドウや梨と言ったフルーツ狩りを楽しむ事が出来ます。
またフルーツだけではなく、花もたくさん咲いていますので、目もお腹も行うことが出来るスポットとなっています。
一番近い駅からでも歩いて50分弱はかかりますので、アクセスが悪賢いのが難点ですが、ドライブがてら車で行って見るのをオススメします。

【キャンプ】
アウトドア派のカップルにオススメのアウトドアイベントが「キャンプ」だ。
必ずしも寒くない時期だからこそ楽しみたい場所ですよね。
関西でキャンプが出来るオススメの場所が、無人島友ヶ島だ。
和歌山県なのですが、関西から日帰りでたどり着けるという事も有り、人気が在るスポットとなっています。
とても自然豊かな場所で、キャンプやBBQを楽しむ事が出来ます。

【サイクリング】
秋は食欲の秋と言いますが、食べてばかりだと気になって生じるのが「体重」だ。
そんな場合には、身体を動かすデートと言うのもオススメです。
デートにオススメなのが「サイクリング」だ。
関西では京都駅のすぐ近くにレンタルして受け取る場所が有ります。
京都の街をサイクリングしながら観光すると言うのも可愛いデートの仕方ではないでしょうか。www.koerskunst.nl

緑内障の予防に有効な食べ物

緑内障は自覚症状がないままに進行してしまい、気づいた時折今や失明寸前ということもあり取るおっかない病気だ。大切なのは、定期的に眼科の検診を受け、そして、食事や慣習を見直し予防を心がけることです。

緑内障になると視野の一部に見えない部分ができたり、視野が欠けて小さくなるなどの症状が起こります。じわじわ見えない部分が大きくなり、放置すると失明してしまう可能性もあります。
先天的なものを除けば、緑内障は日本でひときわ多い失明の原因となっていらっしゃる。

昔からあわびやサザエは目に良いと言われてきました。ミネラルが多くあるという点で、東洋医学的に肝臓を強くして目に有難い効果があるとされています。
ミネラルの中でカリウムに注目してみると、毎日の目安量は成人男性で2500mg以上、成人女性で2000mg以上とされていますが、あわびの場合は仲間あたり300mg、サザエの場合1つあたり45mg程度含まれている計算になり、あわびやサザエを採り入れるだけではミネラルは十分とは言えません。あわびやサザエでミネラルを摂取しつつも、不足する分はサプリメントで補うという形が理想的なようです。

また、緑内障の予防食としてカシスがおすすめです。カシスにはアントシアニンというポリフェノールが含まれていて、網膜や視神経、毛様体の血流を促す働きがあると考えられています。目に宜しい食べ物で有名なブルーベリーも、アントシアニンを豊富に含んでいますが、その仲間のカシスは、誠にブルーベリーの3倍以上のアントシアニンを含んでいらっしゃる。

もう一度、ルテインとビタミンが豊富な緑黄色野菜のほうれん草やかぼちゃもおすすめです。
ルテインについてですが、毎日の摂取推奨量は6mgだとされています。ほうれん草とかぼちゃのどちらにもルテインは含まれているのですが、ほうれん草だとサラダボウル5杯分とアメリカでは言われていて、ルテインが多くあるかぼちゃやほうれん草だけで償うことは難しいかもしれません。しかし、ほうれん草もかぼちゃもたいして普段から摂取し易い食材なので、食べやすい食材で補える栄養は初めて食事でしっかりと補給し、それでも不足してしまう場合はサプリメントで賄うようにすると良いのではないでしょうか。http://www.momokoogaki.jp/